尿漏れタイプの種類は5種類あります|自分の尿漏れタイプを知ろう

あなたの尿漏れはどのタイプ?いろいろなタイプの種類があります

尿漏れ

尿漏れという現象は同じであっても、尿漏れが起こってくる原因や漏れ方は五つのタイプの種類に分けられています。

  • くしゃみやせきなど、おなかに力がかかった時に漏れてしまう腹圧性尿失禁
  • トイレに行きたいと思ったら我慢が出来なくなってしまう切迫性尿失禁
  • トイレに行きたいと思わないのに反射的にまとまった量の尿が漏れてしまう反射性尿失禁
  • 勢いよく尿が出ることはなく、あふれるように漏れてしまう溢流性尿失禁
  • 体が不自由だったり痴呆が原因で漏らしてしまう、機能性尿失禁

尿漏れ5タイプの特徴

腹圧性尿失禁

出産直後や40歳代後半の女性に多いタイプが、腹圧性尿失禁です。
腹圧性尿失禁ではおなかに力が入った時に尿が漏れてきます。
骨盤底の筋肉の低下によって、膀胱や尿道を支えられなくなってしまうために起こってきます。

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁は尿意を感じてトイレに駆け込む前に、間に合わなくて漏れてしまうような症状になります。
この切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁が混ざって起きることがよく起こってきます。
この混ざったような尿漏れを、混合型尿失禁と呼んでいます。
切迫性尿失禁は脳出血や脳こうそくの後遺症膀胱炎などで膀胱が過敏になったりしたときに起こります。
しかし膀胱や脳にこれといった病気がないときでも起こってしまうことがあります。

反射性尿失禁

反射性尿失禁は、膀胱に尿が溜まると尿意がないままに漏れてしまう症状のことを言います。
病気事故などで身体の障害が出た人に多い症状です。

溢流性尿失禁

溢流性尿失禁は、男性では前立腺肥大症でよく起こってくる症状になります。
女性では比較的に少なくなっている尿漏れであまり一般的なものではありません。
この溢流性尿失禁ではうまく排尿をすることができず膀胱に尿が満杯になるまでたまってしまいます。
そしていっぱいになってしまったところで、尿があふれ出てきてしまい尿漏れを起こします。

機能性尿失禁

膀胱などは正常に機能していますが、運動機能や知能機能の低下などが原因で起こる尿漏れです。
特に認知症の方がトイレに行くことが出来ない、また歩行困難の方がトイレに間に合わないといった場合に多いケースです。

 

以上のように尿漏れといってもいろいろなタイプの種類があります。
腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁の一部などは、自分が健康だと思っていても起こってくる尿漏れになります。
これらの直接の原因が自分ではわかりにくい尿失禁が女性では多くなっています。

 

▼▼《男性用》《女性用》頻尿・尿漏れ対策【特集】▼▼

男性用頻尿,尿漏れ女性用頻尿,尿漏れ